バラエティ

紀平凱成(きひらカイル)の経歴や年収、自閉症とは?

レコニューよりニュースをお伝えします。

最近注目されることが増えてきた紀平凱成さん(きひらかいる)は、どんな経歴を歩んできた方なのでしょうか?

今回はそんな彼のライフスタイルから実績などを見ていきたいと思います。

紀平凱成さん(きひらかいる)の経歴は?

ネーミング:紀平凱成(きひらかいる)

生まれ:2001年

年齢:19才

紀平凱成さんが自閉症と診断されたのは、幼少期の2歳のころ。

それから年齢を重ね、13歳のとき、東京大学と日本財団が進めている突出した才能を伸ばす人材養成プロジェクトである

「異才発掘プロジェクト」のホーム・スカラーに選ばれています。

16歳のときには、イギリスで権威ある音楽大学のひとつ「トリニティ・カレッジ・ロンドン」の”advanced certificate“(上級認定)に高得点で合格します。

その資格取得後には、高い音楽能力と将来性が認められた数人だけに授与されるという名誉ある賞「Exhibition Award(奨励賞)」を受賞。

17歳には、トリニティ・カレッジ・ロンドンの“level6 diploma”(学士)資格を取得することになりました。

紀平凱成さんは、小学1年生のときになろうと決意したピアニストの道を着実に歩んでいます。

紀平凱成さんはイケメンでカッコイイと噂が・・・彼女は?

それからなんといっても彼はイケメンと評価されています。

当人は自分自身がカッコイイピアニストとは関係なく、自身が望んでいる演奏を目指していらっしゃるでしょう。

紀平凱成さんの自閉症とはどんな病気なのか!?

ピアニストとして天才的な演奏能力を発揮されている一方で、「自閉症」に悩まされていました。

紀平凱成さんが2歳のころに診断された「自閉スペクトラム症」とは、

対人関係が苦手・強いこだわりといった特徴をもつ発達障害の一つと言われています。

たとえば、

・視線が合わないか、合っても共感的でない

・表情が乏しい、または不自然

・名前を呼んでも振り向かない

・人見知りしない、親の後追いをしない

・ひとりごとが多い、人の言ったことをオウム返しする

というような特徴があるようです。

このような特性は薬で治療することは難しく、自閉スペクトラム症は皆それぞれ特性が同じではないため、

それぞれの特性に合わせた教育支援を行うことが求められています。

紀平凱成さんも、彼の特性に合わせて教育的支援を行われた結果、ピアノの才能が大いに伸びたと推察されます。

紀平凱成さんの年収はスゴいのか!?

ピアニストの稼ぐ収入(演奏料)は、その実力と知名度に左右されます。

世界中にはピアニストやソリストで収入が1000万円以上になるようなピアニストも一定数存在します。

彼らは演奏料で収益を上げることがほとんどですが、もちろん多くの演奏家のライバルがいることがほとんどです。

いずれにせよ、卓越したピアノのスキルを持っていても、

なかなかそれだけで大いに収益をあげることは思っている以上に困難かもしれません。

しかしながら、若くから注目されている紀平凱成さんは、

海外含めた賞レースやその他演奏会で実力を発揮する機会が多くなるでしょう。

今後も今後の動向に注目です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-バラエティ
-

© 2021 Recommend News