トレンド

諫山創の結婚相手は? イケメンで天才!

レコニューよりニュースをお伝えします。

諫山創(いさやまはじめ)さんについて様々なことが話題になっております。

どんなことが話題になっているのか見て行きたいと思います!

諫山創さんといえば、もちろん「進撃の巨人」の漫画家として大活躍されています。

諫山創さんの経歴やプロフィールについて

本名:諫山創(いさやま はじめ)
生まれ: 1986年8月29日
32歳
出身:大分県
学歴:九州デザイナー学院 

諫山創さんは、大分県で生まれ、日田林工高校を卒業されています。

学生時代から将来漫画家になることを目標にしていました。

けれど親にはなかなか「漫画家になりたい」とは言えず、デザイナーになると言って、高校を卒業後、九州デザイナー学院に入学しました。

それ以前にも漫画を描いていたことが親にバレたことがあって、そのときは漫画家は目指すものではないと叱られた経験があったそうです。

そんなこともありながらも、専門学校卒業後に上京を決意したことが、親の理解にもつながっていったようです。

上京した彼は、バイトしながら漫画を描き続け、

若干19歳のときにマガジングランプリにデビュー作となる「進撃の巨人」で佳作を受賞することが出来ました。

この「進撃の巨人」という漫画は、漫画業界であっという間に話題に上るようになりました。

諫山創の年収はスゴいのか!?

諫山さんの代表作「進撃の巨人」は、累計6000万部以上が売れている人気漫画です。

そういった人気漫画のユーザーではないかと考えますから、収入もすごい数字になっていると思われたのでシンプルな計算をしてみました。

計算にあたり印税を1単価40円と仮定してみます。

シンプルに今まで売り上げた作品の1単価で計算してみると、6000万×40=24億なのか!?

進撃の巨人は、通算10年以上連載している作品なので、24億を単純に10で割った場合は3億!

以前、集英社に進撃の巨人の原案のマンガを持ち込んだところ、 「ジャンプもってこい!」 と追い返されたと言われたことがあったとか。

諫山創さんとジャンプとの関係は?

数ヶ所の担当編集者にチェックしてもらっては「しょうもない」の連発にあったそうで、

最後に持ち込んだ「マガジン」で編集者と出会い、何とか「面白い」と言われる言葉を受け取ることになる。

そんなシーンについてネットの反応は?

絵のレベルがネックだったんじゃないの。

読むのがかなり苦痛なレベルだからね。 アニメでは、もっと大胆に原作離れした作画にしても良かったと思う。

センスの欠片もない編集だな。 普通多少下手でも話が面白かったり伸び代があったらチャンス与えそうなもんだけどな単にジャンプとチャンピオンの担当がレベル低かったんじゃない。

と彼の才能を疑った人たちに対しての否定的なコメントが多かった。

やはりこの行動力があったからこそ、今の地位を築いたんだと思います。

今後の活動に期待です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

-トレンド
-

© 2021 Recommend News